世界観のつくりかた

NO IMAGE
○ワークショップ(巨大絵本・段ボール造形)
ワクワクをカタチに!アトリエヤマダの制作(体験ワークショップ)の流れをご紹介します。
まず、アトリエヤマダは先生ではありません。最初に作品テーマと最低限の絵の具の取り扱いを子どもたちに伝えたあとは、具体的な指示(書くもの・つくりかた)や特別な指導はしません
巨大絵本の絵や造形のテーマは、イベントや季節によって変わりますが、基本的に代表アーティストの山田龍太が、子どもたちと一緒に遊びながら、大型作品を完成させていくイメージです。学校では体験できないワクワク空間です。



ペイントワークショップ準備の流れ


ステップ①事前準備/設営(当日もしくは前日入り)ブルーシート設置

アトリエヤマダにて、会場の「床」「壁」の養生を行います。
会場用ベルトパーテーション・荷捌き場にて台車をご用意のお願いをする場合があります

ステップ②事前準備/会場養生

ベルトパーテーション・会場床(シート二重)、壁面は絵の具がつかないよう、しっかり養生します。

ステップ③事前準備/えのぐを用意します!

カラフルな「えのぐやさん」机の準備

ステップ④事前準備/巨大絵本・ダンボール造形の組み立て

イベント前に、巨大絵本や段ボール造形を組み立てます。(2~3程度)

イベントスタート!最初に絵の具の説明や注意事項・テーマを説明!

イベント終了!代表の山田龍太と絵の具隊(美術アシスタント)で作品の仕上げ作業を行います。2h程度

完成!作品展示

運営スタッフみんなで展示場所に運びます。

■確認事項

○長机はワークショップエリアに1台、ご用意をお願いします。(絵の具配布用)
その他、受付用・お客様荷物置き場用・出口のウエットティッシュ置き場用など規模によっては追加でお願いすることもあります。


○水場(手洗い)場を確認
ワークショップ後にスタッフが筆を洗います。(スタッフ用お手洗いなど。)近くになければ持ち帰ります。
また、参加者の方がウエットティッシュで拭ききれなかった絵の具をお手洗いに洗いに行かれることがあります。


○ワークショップは「事前予約制」もしくは当日現地受付にて各回15分前に整理券配布する「当日受付制」などがあります。


○受付・誘導スタッフ 会場手配もしくはアトリエヤマダ手配(要相談)

・参加者様の予約受付管理(お名前、電話番号、参加人数)
・汚れてもいい服装確認(洗濯しても落ちませんに同意)
・弊社撮影同意確認(写真NGネームプレート弊社で用意可)


○受付  会場手配もしくはアトリエヤマダ手配(要相談)

各種看板、受付表、カッパ・ビニール手袋・足袋など会場手配していただくこともあります。
アトリエヤマダでの自主イベントの際は、基本的に汚れてもいい服装での参加、持ち物に100均などで購入できるカッパとウエットティッシュをアナウンスしています。イベントにより異なります。

○運営スタッフ 会場手配もしくはアトリエヤマダ手配(要相談)

ペイントワークショップでは基本的にアーティスト・ディレクター・アシスタント各1名が出張いたします。
その他運営スタッフは主に、

・子どもたちの見守り
・紙コップに入った絵の具の配布
・ルールの説明
 (エリアからでない、はしらない、筆をふりまわさない、お友達に絵の具をつけない、
  絵の具のコップをまっすぐ持とう、絵の具は何回でも交換可能など)
・声かけ(ルールや残り時間)

※会場規模により人数変動いたします。


◯出張ワークショップのご依頼・ご相談をいただける場合は、下記アドレス宛にEメーをお送りください。内容を確認後、お返事させていただきます。どうぞ宜しくお願いします。

【お問合せ・お伝えいただきたいこと】

・ご依頼内容(イベント候補日、概要、ワークショップ参加予定人数、ご希望の内容など)

・ご連絡先(会社名、ご住所、ご担当者のお名前、お電話番号)

※新規のイベント制作会社・代理店様は、企画規模・ご予算を明記の上でご相談いただけますようお願いいたします。